🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷🔶🔷

 
 

 
 
     
     
 


 


 

 

       
     
     
 


東京のアパート探しで見付けた花
   

野原に咲く花

花壇に咲く花

 

 
   

 

 
 

土曜日

東京の賃貸マンション格安(激安)物件作りに値引き(値下げ)交渉は何故有効か

東京の賃貸マンション格安(激安)物件作りに値引き(値下げ)交渉が有効と思えるエピソード


東京の賃貸マンション格安(激安)物件作りに値引き(値下げ)交渉は何故有効かについては、何回も投稿させていただいたが、未だに何故か信用してもらえない。

そこで、ちょっとしたエピソードを紹介したい。





昔、不動産仲介業の仕事をしていた時に、中古マンションの購入を希望されているお客様の気に入った中古マンションを、お客様の資金繰りで購入出来るように、物元業者へ値引き交渉を持ちかけました。

何回か値引き交渉の電話をしている内に、物元業者がチラっと、その中古マンションの売主は売却を急いでいるようなニュアンスの事を言ったので、当方も意を決して、当方のお客様の資金繰り以下で指値を入れてみました。

予想通り、売主は快諾し、その中古マンションは当方のお客様でめでたく成約に至りました。

仲介の売買契約が終わった後、ほっとして冷静に考えてみたら、今回仲介の中古マンション売買価格を売買契約書で確認してショックを受けました。

そのショックとは、中古マンション売買契約書の売買金額が間違っていた訳ではありません。

その中古マンション売買契約書の売買金額であれば、当方がその中古マンションを買取って、再販すれば充分利益が生まれる格安(激安)価格だったのです。

このエピソードのケースは、賃貸物件であっても同じだと思います。

ただ、自分もそうなのですが、こと自分のこととなれば、値引き(値下げ)交渉はしにくいものです。

そういう時は、この値引き(値下げ)交渉は仕事なのだと自分に言い聞かせると、意外とスムーズに値引き(値下げ)交渉に入れます。

値引き(値下げ)交渉がうまくいくと、消費税の値上げ分ぐらい軽く取り戻せます。

それどころか、前述のように格安物件にも激安物件にも豹変するのです。

これから東京で賃貸マンションを借りようとしている方は、値引き(値下げ)交渉をする事を忘れないでください。


木曜日

東京で賃貸マンション格安物件や激安物件を作り出す

東京で賃貸マンション格安物件や賃貸マンション激安物件を作り出す方法は家賃の値引き(値下げ)交渉が最も確実な方法です。



東京で賃貸マンション格安物件や賃貸マンション激安物件を作り出す方法で、不動産競売というオーソドックスな方法もありますが、自分が借りる賃貸マンションの不動産競売だなんて、不動産競売になじまないし、第一、賃貸の賃貸料の競売だなんて聞いた事がありません。
賃貸マンションの競売とは、賃貸マンションに賃借人が現住している状態で、その賃貸マンションの部屋を差し押さえて競売にかけたり、一棟まるまるの賃貸マンションを一棟まるまる差し押さえて競売にかける方法を言い、一部屋の家賃が入らなくて法的手段に訴える場合は、賃貸借契約を解除して明け渡し命令などの申し立てをすることになると思います。
東京で賃貸マンション格安物件や賃貸マンション激安物件を作り出すために、前述の通り家賃の値引き(値下げ)交渉で行う場合の長所は、いつ出て来るか分からない賃貸マンションの格安物件情報や激安物件情報を、何のあても無く、時の運に任せて、ボーっと待ち続ける様な非効率なやり方に縁を切り、積極的に自分の住みたい地域の住みたい賃貸マンションで家賃の値引き(値下げ)交渉をする訳ですから、時間も節約出来るし、交渉力だって身に付きます。

金曜日

東京で賃貸マンションを格安か激安で借りるには

東京で賃貸マンションを格安か激安で借りるには、じっと格安賃貸マンション情報や激安マンション情報が発信されるのを待っていたのでは、東京の格安賃貸マンション情報も激安マンション情報も見つける事が出来ない事ぐらい、誰でも知っている。



東京では、格安物件も激安物件も自分で作り出すのが最も確実な方法である。
自分で格安物件や激安物件を作り出す方法とは、家賃の値下げ交渉、値引き交渉です。

土曜日

賃貸マンションの格安物件や激安物件はこうして生まれる

賃貸マンションの格安物件や激安物件は、オーナーサイドの理由から生じる事も多々ある。



東京の賃貸マンションのオーナーの中には、新築賃貸マンションばかりに力を入れて、現に貸出中の賃貸マンションは、たとえ空き部屋が増えてもあまり関心を示さない人がいる。
どんどん資産を増やして行くタイプのオーナーなのだが、現在貸出中の賃貸マンションの空き部屋は、いずれかは入居してもらわなくては採算が取れなくなる。
融資元の銀行などの指摘を受けて、あわててたくさんの空き部屋を埋めようとしても一気には埋まらないので、格安家賃や激安家賃で入居者を募集する事になる。
東京の賃貸マンションの格安物件や激安物件は、こういったケースで生じる事もあるのだ。

金曜日

賃貸の格安マンションや激安マンションはこうして生まれる

東京の賃貸の格安マンションや激安マンションが生まれる過程を考えてみよう。



東京では空地が有れば、すぐ家が建つ。
古い賃貸マンションの前面の広い庭付きの朽ち果てそうな一戸建てがいつの間にか取り壊せれ更地になったと思うと、あれよあれよという間に、賃貸マンションが新築された。
東京に住んでいるとよく聞く話である。
この場合古い賃貸マンションは、満室にする場合は格安で貸すしか手が無くなる。
このようにして格安物件は生まれる。
ところが、新築の賃貸マンションが付近の相場価格より格安の家賃を打ち出したとします。
当然、古い賃貸マンションは空き室だらけになります。
古い賃貸マンションを早く満室にするには、激安賃料で貸出すしかありません。
東京の格安物件や激安物件はこの様な経緯で生まれる場合が多々あります。